市役所で行政改革を担当している職員の日記帳
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
合併特例債
2008年04月07日 (月) | 編集 |
職場のフロアは広いので大声で怒鳴る人の声は良く聞こえるのです。

その人いわく
「合併特例債を使わないなんてバカだ。
こんな市はもうダメになる」


合併特例債について超簡単に説明すると、

 平成の大合併で合併した市町村は10年間借金できます。
 ある事業の95%を借金で実施できます。
 借金のうち70%は国が肩代わりしてくれます。


という感じです。

なるほど、市の財源からたった5%を出すだけで巨額公共事業ができちゃうわけです。魅力ですよね。土建屋議員も合併に大賛成ですよね。いざ、合併して事業やらないとなったら困りますよね

でも、待ってください。確かに富の再分配という事もわかりますが、借金には間違いないわけです。市の借金ではないので問題は無い?

そんなはずありません。国という大枠を考えるべきです。
10年、20年先の未来を、自分達の子や孫の事をよく考えるべきです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。