市役所で行政改革を担当している職員の日記帳
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
補助金行政
2008年07月31日 (木) | 編集 |
WTO交渉決裂で関係者はホッとしたことでしょう。自由化によって入ってくる安い外国農産物(特に落花生、こんにゃく等)を防げるのですから。しかし、それは一時的なものでしかなく、いずれ来るだろう自由化に対応できる農業経営を進めることが急務であると考えます。

日本の農業が世界的に見て低レベルになってしまったのは行政に責任があると思います。それは、補助金行政によって農家を手厚く、過保護とも言えるほど保護してきたからです。田舎に住んでいる人は解ると思いますがそのへんのサラリーマンの家より農家の方がなんだかんだいって家が立派でいい車に乗っています。

うちの市においても農業関係の補助金は非常に多く、財政難を考慮し我々行革部門が削ろうとしても農業関係の補助金だけは思うように手を入れられない現状にあります。単純に政治的なものもありますが、大きく見れば日本そのものの農業に対する危機感の無さ・・・なのでしょう。

これまで通りの補助金行政を続けて、世界的な自由化の波や後継者不足等の問題に対応できるとは思えません。流石に国家レベルとなれば偉い人たちは考えているのでしょうけれどこれを機会に問題解決へ邁進していただきたいですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。