市役所で行政改革を担当している職員の日記帳
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地方経済の発展には
2008年08月26日 (火) | 編集 |
いや、随分放置してしまいました。グリムスの芽も育たないので再開を心がけます。夏なのに体調崩したりその一方で仕事が忙しかった8月でした。

金融危機が目に見えて迫ってくる中で、日本の国家としての舵取りが重要だと誰もが感じ始めているでしょうが、私個人としてはそれを踏まえて経済の中心から外れた地方都市においてどのように経済を発展させていくかを考える必要があると最近強く感じるようになりました。

今日のNHKのクローズアップ現代はなかなか良かったです。
簡単に結論を言えば、『小手先の政策では日本終了』といったところでしょうか。

もっと行政は勉強し、小手先の経費削減に伴う行政改革ではなく(それも大事ですが)もっと抜本的な構造を転換しなければならないと思います。10年先、20年先を見据えた投資的活動を行い、補助金行政の構造転換をできるだけ早く行わなければなりません。

そして住民というか国民は、もっと勉強すべきです。国を動かすのは政治家であり、それを選ぶのは国民ですからね。マスゴミのミスリードに誘導されるような依存型の国民を可能な限り削減することを行政の目標にしちゃいましょうか?
スポンサーサイト
頑張れニッポン
2008年08月03日 (日) | 編集 |
北京五輪の応援ではありません。勿論、日本人として日本選手は応援しますが「あの中国」でやるオリンピックを応援する気にはなれないですよね。

閑話休題

原油高により打撃を受けている漁業に補助金がだされるそうです。前回の日記でも書きましたがこれも補助金行政の愚策ですね。緊急的な手段としてはアリでしょうけれどこれだけで日本の漁業は救えません。

単純な補助ではなく。ハイブリット漁船とかイカ釣り電灯をLEDとかに使うべきなのです。飢え死にしそうな人に魚を釣って食べさせてあげるより魚の釣り方を教えてあげるべきなのです。

頑張れニッポンの技術!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。